特徴 特徴

それは怪我?スポーツ障害?

怪我

怪我をした時に起こる炎症が骨・筋肉・靭帯・軟部組織など、どこの箇所でどの程度の損傷しているのかを見極める事が早期回復には重要です
ただ単に冷やす温める電気を当てるでは治るものも治りません
組織の損傷箇所で選択する物理療法や治療方法は異なります
いかに早く鎮痛し組織の回復を促し競技復帰できるのかを大切に治療を行います
怪我の鑑別にはエコーを用いて、その怪我に応じた選択的治療を決定します
重度の怪我については信頼できるドクターに紹介状をお書き致します
見捨てる治療は行いません ご安心ください

スポーツ障害

「画像に問題ないから安静にし、様子をみましょう」
と言われ2週間の安静し復帰してみるも痛みがすぐに出てします
いわゆるスポーツ障害
安静にして復帰しましたが 本当に問題がないのでしょうか?
安静が正しい治療なのでしょうか?
確かに画像上器質的な損傷はないかもしれませんが、痛いというのは事実
気のせい?成長痛?心配になりますけど、確かに画像では見えていません
スポーツ障害で器質的な損傷を伴うものは2割ほど
では、あとの8割は?
それは、画像診断では見えない体の機能障害・オーバーユース・自律神経の乱れ(呼吸の乱れ)などが原因で起っていることがあります
ここの解決を行わなければ、永遠にその痛みと付き合うことになりますのでご注意ください
痛いには必ず原因が必ずあります 諦めず一緒に解決策を探しましょう!

当院の機器

エコー

骨・筋肉・骨・靭帯エコーはこれらの組織をリアルタイムに観察することができます
その場で確認し何が起こっているのか詳しく説明します
自分の目で確かめて確認しましょう

立体動態波

3つの周波が中周波により重なり立体的に筋肉を動かします
急性期・炎症期・慢性期フェーズにより体の状態は異なります
電気をただ当てるのではなく、立体動態波/ハイボルテージ/3D MENS
の種類を使い分け そこから電気の出力と深さを調整して行くことで鎮痛効果を最大限に高めます

超音波【ウルトラサウンド】

1秒間に100万~300万回の振動を与え筋肉を緩める事ができます
指圧よりも深部にアプローチでき 振動が熱に変わり暖かくなっていくので歪んでしまった組織を修復していきます

超音波【LIPUS】

低出力で固定型の超音波
損傷した筋・腱・靭帯に機械的に低刺激を与えることで、損傷を受けた組織を効果的に治療します
一昔前は、骨折はギプス固定のみとされていましたが LIPUS治療により骨癒合期間を40%短縮することができます
【効果的な症状】骨折・捻挫・靭帯損傷・野球肘・オスグッド

ゲームレディー【高性能アイシングマシン】

特殊な部位ラップに10℃~1℃の冷水でアイシングを行いながら、エアーによる間欠的圧迫法でより密着度の高い冷却が可能です
急性期のアイシングとしてはもちろん、スポーツでの筋肉疲労を取り除く為のコンディショニングツールとしても使用できます

AT-mini

小型の微弱電流機器
急性期痛の痛みを抑える為の電気機器
レンタルも行っていますので、自宅や学校でも長時間の電気照射が可能です

お問い合わせ お問い合わせ

ブログ facebook Twitter YouTube Google+



ページトップへ